サイト内検索

聞き上手になるために -相槌やリアクションは、はっきりと-

相手の話を聞く際、リアクションははっきりとるように心掛けると会話やコミュニケーションが上手くまわりやすくなります。
相手の話にうなずいて見せたり、相槌を打ったり、笑って見せたり…etc
では、リアクションはなぜ必要なのでしょう?

例えば自分が話をしている時、相手のリアクションが見えないと「自分の話を聞いてもらえているのだろうか?」と不安になりますね?
そうなると、つい話を途中で打ち切りたくなってしまいます。
反対に、自分の話に相槌などのリアクションがあると「この人は自分の話をきちんと聞いてくれているな」と安心して話を続けることができます。
話し上手、聞き上手の人を見ると、このリアクションが上手い人が多いように見えます。
リアクションは必ずしも相槌でなくても良いと思います。相手の話に笑って見せたり、時には反対意見があればきちんと言うのも良いでしょう。(ただし反論しすぎると嫌がられることがあるので注意)

円滑なコミュニケーションの為に、相手の話にははっきりとリアクションをとるようにしましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ