サイト内検索

聞き上手になるために -相手への質問を意識的におこなう-

他社との会話やコミュニケーションををとる際、
こちらが一方的に話すよりも、相手にたくさん質問を投げかけ、相手に喋らせるほうが円滑なコミュニケーションをとれる場合が多くあります。
もちろん、楽しい話を労せずにどんどん話し上手な人間は、こちらが話し手になった場合でも円滑なコミュニケーションや人間関係が築けると思います。

しかし、人間関係やコミュニケーションが苦手と感じる人の多くは、話し手になることが苦手な人ではないでしょうか?

その際は、こちらが質問を意識的におこなうことを心掛け、相手に話し手になってもらうように心掛けてみましょう。

誰でも、自分の話を相手に聞いてもらうのが好きなものです。
会話やコミュニケーションが苦手と感じている人も、上手く相手に話を聞いてもらえていると感じると、気持ちよく、楽しく話せているのではないでしょうか?
気持ちよく相手と話せる場合、相手に対しての苦手意識を感じなくなているはずです。

相手も同じで、自分が気持ちよく話せる場合は、聞き手に対して苦手意識を持たないのではないでしょうか?

相手に質問を多くすることによって、質問に答える側は、自然と話し手になっています。
多くこちらに対して話をすることで、「こいつは自分の話を聞いてくれる奴だ」と考えるようになります。

また、聞き手にまわる際は、相手が気持ちよく話をできるように話の聞き方に気をつけましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ