サイト内検索

言葉のトーンにメリハリをつけてみる

長い話を人に聞いてもらう際、単調な話が続き、相手が退屈してしまうということが良くあります。
そんな時は、言葉のトーンにメリハリを付けてみてはどうでしょうか?

言葉のトーンにメリハリが付くと、肝となる部分や、盛り上げる場面というのがどこなのかを聞き手が認識できます。また、トーンに強弱が付くことで同じ話でも退屈せずに聞くことができます。

コミュニケーションや人間関係を苦手と感じる人は、大抵が自分の話を相手にしっかり聞いてもらえないと感じているようです。
人とのコミュニケーションが苦手な人、自分の話を相手に聞いてもらえないなと悩む人は、言葉のトーンにメリハリを付けることを意識してみましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ