サイト内検索

良い人間関係を築くために【会話は聞き取りやすい声で】

どんなに良い内容の話をしても、会話が聞き取りにくかったりしてしまうと、相手はイライラしたり、会話を聞く気になってくれない場合があります。

もちろん、滑舌が良い人、滑舌が悪い人はいると思います。

それは個性であって、必ずしも直すことを強制するものではありませんが、円滑な会話・人間関係を考えた時、相手に聞き取りやすい声で話をすることが望ましいと思います。
しかしながら、人前で緊張してしまったり、相手に対して苦手意識を持ってしまうことで、声が小さくなったり、早口になってしまったりとなかなか上手く話せない場合もあると思います。
でも、「相手が聞き取りやすく話す」というのを意識するだけでも大分違うと思います。
人間関係や、コミュニケーションが苦手で緊張してしまう人は、会話の前に一度深呼吸をして「相手が聞き取りやすく話す」ということを思い浮かべて話すように心掛けてみましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ