サイト内検索

セクハラ型とんでもバカ上司

セクハラ型とんでもバカ上司 下ネタOK! おさわりOK!
嫌よ嫌よも好きのうち!
…なんて、とんでも勘違い!

こんな上司はきっと…
セクハラ型とんでもバカ上司です。

バカ上司の生態と分析
男女が共に働く職場生活では、上司や同僚からのセクハラ(セクシュアルハラスメント)に悩む女性が多くいるようです。
最近では、ジェンダー (「社会的・文化的につくられた性」)という新たな性差別問題も生まれています。

今日のセクハラ問題は、単にスケベな、いやらしい言動や行動だけではなくなっているのです。

セクハラ問題は、表に出ないことも多く、またその後の職場での人間関係の悪化を恐れ、泣き寝入りしてしまうケースも多いようです。

セクハラの悩みは、セクハラの程度や、職場環境などその人の置かれている状況によってそれぞれ異なります。他者が容易には推し量れないものです。
セクハラ問題は、とても複雑で、デリケートで、根が深く、
第三者が簡単には「こうしなさい」と一言で片付けられない問題です。

でも、バカ上司の為に泣き寝入りなんてしないでください。

セクハラへの効果的な対応策をいくつか挙げますので、
自身の状況から役に立つ情報を得ていただければ幸いです。

特徴・このタイプかどうかの判別方法
・過度な下ネタや、スケベな言動。
・スケベな行為。
・男女差別的な発言をする。

対処法
まず、そのセクハラが
・ 生物としてのセクハラ(スケベな言動・行為)なのか
・ジェンダーや性差別としてのセクハラなのか
を判断しなくてはなりません。
ジェンダーについては、非常にデリケートな問題なので、今の僕には良いアドバイスができません。(すみません)
ただ、あなたが、しっかりと仕事をしていて、その上で不当な扱いや、不快な言動を浴びせられているのならば、胸を張って意見すべきと思います。

男性優遇の社会は終わりました。

今は、女性の方が、男性よりも仕事ができるケースも増えています。
(この言い方が、性差別にあたったらすみません)
実際に、僕の会社でも女性のほうがバリバリ働き、反対に男の方がイマイチ冴えない仕事振りなんてことが多いです。だから、女性だからと遠慮することはないと思うのです。

僕は男ですが、そう思います。

だから女性の皆さん、偏見などに負けず頑張ってください。
いまだに、「女のくせに」なんて言ってるバカ上司は、いずれは滅びる化石のような存在です。

では、スケベな言動や、スケベな行動といったセクハラ上司についての対処法を考えていきましょう。
セクハラに関しては、とにかく事実をしっかりと記録しておき、さらに証拠を掴むことが大切です。気をつけて慎重に対処してくださいね。このセクハラタイプは、拒否感を示した際、パワハラ型など別のタイプに変身する、メタモルフォーゼ型なので注意してください!

セクハラ上司と戦う前の気構えと知識

まず、あなたがアクションを起こす際、以下の点をハッキリとしておく必要があります。

■その上司に悪意があるのかないのか。
セクハラに悪意もくそもないですが、
【悪意があるかないか】によって、その上司に対し、どんな罰を与えたいのか変わってくるのではないでしょうか?
「良い人なんだけど、セクハラは困るなぁ」
「本人はスキンシップのつもりらしいんだけど」
と言う場合、きっとあなたはそんなに気に病まないのだと思います。
つまり【同情に足る相手かどうか】ですね。
(どんな理由にせよ、セクハラは悪とは思いますが)
セクハラ上司が話し合いに応じる相手か話し合いに応じてくれて、その後、あなたに対し不当な扱いを絶対しないという相手ならば、本人と話し合うのも手です。

■セクハラ上司が会社にとって必要な人物かどうか
そのバカ上司が、仕事では優秀で会社にとって必要な人材である場合、それなりの証拠を確保しておかないと、あなたの望む対処を会社がしてくれないことがあります。(非道い話ですが)
なので、しっかりと見極めておきましょう。ただし、どんな場合であれ、どんな立場であれセクハラというものは許されるものではありません。
法律では、セクハラが起きた際、このセクハラの加害者に対し適用される法律と、セクハラが起きてしまった会社や企業に対し適用される法律があります。

「会社や企業も責任を追うんだ!?」
会社や企業には、職場内でのセクハラを防止する義務があり、これを果たせなかった場合、別の法律が適用され責任をとらなくてはなりません。
セクハラ問題は会社の信用にも関わってくるので、以前に比べて会社も少しデリケートに扱うようになったのではないでしょうか。
(こればかりは残念ながら経営者の価値判断にいまだ依存するところですが)

セクハラを訴えたら、その後不当に扱われるようになった場合
仮にセクハラを訴えた為に、その後会社内で不当に扱われるケース(セクハラの二次被害)を多く耳にします。
でも、これは許されるものではありませんし、男として最低です。
これは明らかに不当行為で、あなたを守る法律はあります。
ですので、どうかこんなことに泣き寝入りしないでください!

セクハラ上司と戦う為に
まずはセクハラの事実の整理と、証拠集め、そして根回しをしておくと良いでしょう。そうすることで精神的にも楽になります。
セクハラの事実の整理と証拠集め
■言葉によるセクハラの場合
その言葉を録音しておくと良いでしょう。
最近では、小型のペン型レコーダーなどもあるので、相手に気づかれず録音できます。(盗聴に使ってはダメですよ。)
また、録音ができない場合や、録音にためらいがある場合は、メモしておきましょう。
メモは、仮に裁判になった場合でも重要な証拠になり得ます。
なので、必ず日付と、そのセクハラの言葉をしっかりと書き留めておきましょう。その時、周囲にいた同僚や、話を聞いていた人も書き留めておくと良いです。
証拠を掴んだ時点で、あなたはいつでもこのセクハラ上司を痛い目に遭わせることができます。(勝ち負けは別として)どうです、心が楽になりませんか?まだ、お腹の煮えたぎりは収まりませんか?
ではもう少し。

仲間を探す

証拠を掴んだからといって、あなた1人が上司と戦うのは怖いですね?
それに、面と向かって上司と戦っても、
後で会社から「扱いづらい奴」とレッテルを貼られるのも嫌ですよね?
(でも、そう思う会社に問題があるんですけどね。)

なるべくなら、自分が表舞台には立ちたくないものです。
上司に対する意識を共感できる人を見つけておくと、いざというときに頼りになるし、なにより精神的に安心し楽になります。
職場の同僚に、同じようにそのバカ上司のセクハラに悩んでいる人や、不快に思っている人を探してみましょう。
とはいえ、そんなに難しいことではないです。休み時間や、お酒の席などで、それとなく話題にしてみれば良いのです。
なにも、同姓の同僚でなくとも良いです。異性(つまりセクハラ上司と同姓)であっても、不快に思っている人はいるはずです。

上司を上手く利用する
ちょっとズルい考えですが、
上司というのは、部下から相談されるとうれしいものです。
そして、どうにかしてあげたいと思うのが心情です。
その心理を利用しない手はありません。
何の行動をしてくれなかったとしても、人に話せたというだけで精神的にはずいぶん楽になると思います。
ただ、問題が問題なので、キチンと信頼できる(秘密を守ってくれる等)上司かどうかの判断はしっかりしましょう。

また、この相談する上司が、問題のセクハラ上司とライバル関係にあるならしめたものです。バカ上司へのライバル心と、部下からの信頼に応える為、なにかしらの対応をしてくれる可能性が高いです。
しかし、ここであまり期待しすぎず、他の手も並行して打っておきましょう。

噂を上手く利用する

ウワサというと聞こえは良くありませんが
基本的に会社の人間は噂話が大好きです。
「営業の○○は、△△なんだぜ」「受付の○○は、人事の□□と××らしい」なんて噂はすぐに広がります。
特に、セクハラというのは性質上噂で広まりやすいテーマです。
ただし、自分自身のプライバシーは守るようにしましょう。
セクハラを受けている人(本人)の名前は出さないほうが賢明です。

ただ、噂というのは出所が特定しづらいものなのでそう難しいものではないでしょう。
そして、噂は、どういう経路をたどっているのか、なぜか会社の重役やトップにも伝わっているのです。
(この経路を証明できたらすごいですね!まさに現代のミステリーです。)

あなた1人が、セクハラについて訴えただけでは、会社が動いてくれるとは限りません。(そんな会社が悪いのですが、残念ながら今の社会はまだそうです。ごめんなさい!)
でも、噂で広がったものというのは、隠蔽が難しくなります。
他の社員の士気にも影響しますし、なにより何も手を打たなかった時に、そのセクハラ上司をほうっておいた管理職の責任になりますからね。
特に、最近はセクハラに関して世の中の目がきつくなってきたので尚更です。

労働組合・相談窓口など第三者機関に相談する
職場に、第三者機関が存在するでしょうか?
例えば、労働組合や、セクハラなどの相談窓口があるでしょうか?
ある場合は、これら第三者機関に相談してみてはいかがでしょう?

会社の第三者機関を利用する場合、注意が必要なことがあります。
それは、会社が設置しているセクハラなどの相談窓口は、対外的なイメージの為に、形だけ設置されている場合もあるということです。
ちゃんと稼働している機関なのかどうかをしっかりとチェックしたほうが賢明でしょう。
また、相談したことのプライバシーは必ず厳守してもらうようにしましょう。

セクハラ上司に直接意見する
根回しが上手くいかなかったり、そういった環境でない場合、
セクハラ上司本人に直接言うことも有効な手段になります。

意見する場合は、1人よりも2人、2人より大勢いたほうが良いですが、

・セクハラを辞めてもらう旨、
・その後、自分に不当な扱いをしない

ことをしっかりと求めましょう。
改善がなされない場合や、聞く耳を持たない場合、それ相応の手段もやむを得ないということをしっかりと伝えましょう。(要するに「出るとこでますよ」って事です。)
こうなると上司は焦ります。「セクハラをした」というのは、例え事実にしろそうでないにしろ、名誉を傷つけます。加害者はあなたの要求を泣く泣く飲むことになるでしょう。(恐喝や冤罪に利用するのは絶対やめてくださいね!困っている人を助けるのが、このサイトの目的です。)

また、直接意見した場合、開き直って逆切れされると面倒です。
そのため、事実の整理や、証拠の確保や、根回し、味方作りはしっかりとおこなっておきましょう。

法的手段を考える
様々思案し、行動してみてもいっこうに改善されない場合、
最終手段として、内容証明や法的手段も残されています。

企業には、セクハラなど不当行為の防止が義務付けられており、それを怠った場合、別の法律が適用されます。
法的手段については、専門家ではないので、僕にはいい加減なことは言えませんが、ひどい場合は法的な手段を考えるもの良いと思います。
相談を受け付けてくれるサイトもありますので調べてみましょう。

セクハラ・パワハラで退職を余儀なくされた場合
本来はそんなことがあってはならないのですが、万一セクハラ・パワハラで退職を余儀なくされた場合は、「特定受給資格者」として、一般の退職者よりも手厚い保護が受けられる事があります。
ただし、いくつかの条件があるようなので、注意が必要です。非常にデリケートな問題なので、素人の僕が話すべき内容でない気がするので控えます。
また、僕は退職を奨めるつもりはありません。そんなの悔しいです。

最後の判断

それでも、会社が動かなかった時、
あなたは自分に決断を迫られるのだと思います。

・ガマンして会社を続けるか(動いてくれるのを待つか)
・会社を去るか
・バカ上司と戦うか(直接戦うという意味ではないですよ)

あなたがどの選択をしても、僕は責めません。
あなたの辛さや孤独感はあなたにしか測れないからです。
当事者でないと、その大変さが分からないのがこういった問題です。

1つだけ、アドバイスをさせてください。
【会社を去る】を選択したあなた。
その覚悟ができたならバカ上司と真っ向から戦ってみてはどうですか?

もしもあなたがその後会社から不当な扱いをされても、
その時は辞めてしまえば良いからです。(悔しいですけどね!)
戦って、良い方向に進む場合も多いです。

バカな上司の為に苦しんで、あげく退職なんて良いわけはありません。

自分がこの先も続ける価値のある会社なのか、会社を試す意味でも、会社を去る決意までしたならば、戦ってみてはどうですか?
ただ、僕は男で、セクハラの本当の苦しみは当事者である(主に)女性でないと分からないですし、やはり女性が男性上司に意見するのはとても勇気がいることなのだと思います。
だから、どんな選択をしても僕にはあなたを責める権利はないし、強制することもできません。
でも、しっかりと仕事をしていれば助けてくれる人は必ずいると思います。

これだけの文章で、セクハラ問題が100%解決できるとは思えませんが、少しでも、あなたの気持ちが楽になったり、セクハラ解決の糸口が見つかれば幸いです。僕は男ですが、上司の立場を利用したセクハラは、同姓から見ても決して許せるものではありません。どうか、一部のバカの為に泣き寝入りなんてしないで下さい。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

   2015/04/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ