サイト内検索

研修ランキング

社員研修・セミナーをお探しなら!定番の研修会社の中から10社をピックアップ。
実績・導入企業・受講者の口コミなどから比較しランキングで紹介しています。
(※2015年4月現在、管理人が独自に収集した情報に基づいています)

> トップページ > 研修ランキング

第1位「アービンジャーインスティチュート」
■実績

国際的な研究機関であるアービンジャーのセミナーは、国内外に豊富な導入実績を誇ります。導入企業数は国内だけで1000社、人数にして10万人以上。導入した企業では、離職率が激減し、前年比の5倍以上の売上げを達成するなど顕著な変化を実感している企業もあるそうです。

■導入企業

マイクロソフト、Google、Apple、モトローラ、任天堂、3M、クライスラー、アメリカンイーグル、シスコシステムズ、米国財務省、アメリカ陸軍工兵司令部、バージニア大学、ネスレ、チューリッヒ、ナイキ、IBM、ユニリーバ、ソニー、リクルート、YAMAHA、野村総合研究所、マルハン他多数

■コース・料金
「箱」Choiceベーシック
¥100,000円(1日間)
「箱」Choiceスタンダード
¥150,000円(2日間)
※2名参加
¥240,000円

 

■口コミ
「相手を人として見ていないことに気づかされた時は衝撃的でした。正しいと思っていた行動も、自己正当化をして”箱に入っている”ケースが多く、すぐに他人を批判してしまっていた自分を猛省しました。自分の言動を客観的に見れるようになったことに大きな成長を感じます。まだまだ箱から出られていないと感じることばかりですが、思いやりの心を忘れないように頑張りたいです」 
 
第2位「グロービス」
■実績
グロービスは、働きながらMBAが取得できる経営大学院。研修も開催していて、2006年から累計2000社、40万人以上のビジネスマンを指導してきました。外部派遣型研修も好評で、年間600社が導入。受講者数は1万人を超えます。受講料の返金制度もあり。
■導入企業
旭化成、コスモ石油、帝人、富士フイルム、ブリヂストン、三菱マテリアル、ソニー、トヨタ自動車、サントリー、味の素、伊藤ハム、花王、資生堂、日清食品、ミズノ、森永製菓、イオン、JR東海、住友商事、みずほフィナンシャルグループ、NTTドコモ、KDDI、電通、凸版印刷、佐川急便、JTBなど
■コース・料金
マネジメントスクール
入学金:23,000円
1科目あたりの受講料
126,000円

 

■口コミ
「会社からの派遣制度があり、尊敬する先輩も受講していたので信頼できるスクールだと思い受講を決めました。受講料は正直高いと感じましたが、それだけのお金を出す価値はあったと思います。他の受講生のやる気が凄くて、良い刺激になりました」
 
第3位「ビジネスグランドワークス」
■実績
ビジネスグランドワークスが開催している研修は、89%がオーダーメイドプラン。事前にヒアリングをして、問題点や課題を解決するために最適な研修内容を提案してくれます。その親身な対応に信頼を寄せ、定期的に研修を利用しているクライアントは中小企業から大手まで多数。
■導入企業
大塚製薬、大鵬薬品工業、マルエツ、ユナイテッドアローズ、日本旅行、アース製薬、栄光、ジェイアイエヌ、佐藤製薬、早稲田アカデミー、スギ薬局、福屋ホールディングスなど
■コース・料金
リーダーへの道コース
¥155,400(4日間)
指導者の条件コース
¥134,400(3日間)
経営幹部育成コース
¥2,200,000(1年間)

 

■口コミ
「毎年様々な研修機関の研修に参加させていたのですが、思わしい効果が出ず悩んでいました。しかし今回御社のリーダー研修を受けた後の社員の目は、見違えるように輝いていました。弊社には非常に有効な研修だったと思います」
 
第4位「ジェイック」
■実績
JAICはセミ・ホーダイという定額制の研修を行っている研修会社。大企業から中小企業まで幅広い支持を受け、2012年時点では350社が導入しています。これまで研修・セミナー・教材を通じて指導した企業は、累計48,000社にものぼるそうです。
■導入企業
新英、ピー・アンド・アイ、オベロン、ダイワハイテックス、アテネ、弘久社、かりん本舗、ゼロプラス、KSK、NCC、コーワ、クリエイトラボ、タカヤマ金属工業など
■コース・料金
セミ・ホーダイ
入会金:100,000円
月額(社員数)
¥38,000(29名以下)
¥43,000(30~99名)
¥58,000(100~199名)

 

■口コミ
「今まで単発のセミナーには行かせていたのですが、価格が高い上に効果が一時的で…。社外で得られるノウハウも取り入れたいという思いから、セミホーダイを導入しました。夕方からも開講しているので仕事後でも参加しやすいです。毎日開催していて種類も豊富で満足しています」
 
第5位「インソース」
■実績
1日あたり40回ものセミナーを開催しているインソース。年間の研修回数はなんと9000回、受講者数は44万人にものぼります。受講後のアンケートでは受講者の93%が「大変良かった」「良かった」と回答。数だけではなく、質の高さもうかがえます。
■導入企業
-(社名非公開)
■コース・料金
ビジネス基礎研修
¥13,000(半日間)
仕事の進め方研修
¥23,000(1日間)
クレーム対応研修
¥26,000(1日間)

 

■口コミ
「クレーム対応研修に参加しました。ロールプレイング形式で、とても実践的な知識を身につけることができたと思います。自分の不得意な部分が多々見えてきたので、現場に戻って爽やかな環境づくりに努めたいです」
 

 

とんでも上司にキクのは「アービンジャーインスティチュート」!

以上10社の研修会社を比較した中、1位にオススメしたいのは「アービンジャーインスティチュート」のセミナー。 アービンジャーインスティチュートは、ベストセラー著書「自分の小さな『箱』から脱出する方法」で世界的に有名な研究機関です。

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』とは?
自分の良心に背いた行動をとる「自己欺瞞」という心理状態について解説しています。自己欺瞞に陥ると、自分の考えを正当化して他人を批判してしまいがちです。その状態をこの本では「箱に入っている」と例え、箱から脱出し、他人を受け入れられるよう導いてくれます。年齢や立場に関係なく自己改革、人間関係の改善に効果がある著書として話題を集め、Amazonで15週連続売上げ1位など、輝かしい実績を誇る名著です。
本についてもっと詳しく>>
 

導入している企業は軒並み世界経済を牽引している大企業ばかり。また、中には米国財務省などの公的機関も名を連ねます。もちろん上記の表で紹介している企業はごく一部。他にも国内外の多くの企業から支持を集めています。
とんでも上司にお悩みのビジネスマン・ウーマン諸氏、社員のマインドを変革したいとお考えの人事担当の方は、是非一度検討してみてください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ