サイト内検索

パワハラに関する本

パワーハラスメント(パワハラ)やモラルハラスメント(モラハラ)に悩むサラリーマン・OLにオススメするパワハラ克服書籍を紹介。

> トップページ > オススメ書籍 > パワハラに関する本

知っていますか?パワー・ハラスメント一問一答(金子雅臣 著)

職場のいじめ(パワーハラスメント)は企業のクライシスサイン。
人権侵害の横行やモラールダウンした職場への警告です。職場のいじめ(パワハラ)を人権問題として受け止め、対処しましょう。

金子雅臣 著知っていますか?パワー・ハラスメント一問一答は、職場での力関係を背景にした職場のいじめ(パワーハラスメント)について、具体的なパワハラ事例を取り上げやさしく解説するQ&A集です。

パワハラをおこなわないために、管理職・経営者が読むべき一冊です。

パワーハラスメント(パワハラ)は、今や社会問題として取り上げられてきました。
コンプアイランスの尊守の元、パワハラに対する取り組みをおこなう企業も増えてきているようですが、
肝心の現場クラスにはパワハラに対する教育や監査が行き届いていないのが現状です。
パワハラは、うつ病などの精神病を引き起こし、最悪の場合、パワハラ被害者を自殺に追い込むケースもあります。
経営者や管理職は、パワーハラスメントに対する正しい知識を身に付けるべきではないでしょうか?
また、我々サラリーマンやOLもパワハラに巻き込まれないように、自らパワハラ・モラハラに関する正しい知識と対処法を見に付けておきましょう。
本書知っていますか?パワー・ハラスメント一問一答はQ&A形式で、パワハラを事例を挙げながら解説するパワハラ入門書です。

購入者の声(amazon.co.jpのレビューです。)

従業員のためのパワハラガイドブック
新入社員にとって、厳しく指導されているのか「いじめ」なのかの判断はつきにくい。コンプライアンスなどで顧客に関していい面をしたがる企業は多いが内部に関してはいかがなものか?大学では、イッキ飲みの禁止などが叫ばれてかなり立つが、いまだにそのようなことを平然行わさせたり、容認したりしている企業が存在する。それは別に中小企業ではなくとも、日本有数のITベンダーの上場している子会社であってもだ。
本書はごく基本的な内容を扱っているだけでなく、用語に関して説明が書いてあるので労務管理の入門書としても有用かもしれない。
人事労務部の人や、実際の法的な話などは金子氏の「パワーハラスメントなんでも相談」「パワーハラスメントの衝撃」を参照のこと、判例が記載されているのでそちらの方が場合によっては有用か。(お世話にならないことを祈る)

むねまさくん

職場においての正しいパワーハラスメントが勉強できます
一問一答パワーハラスメント(職場のいじめ)という題にひかれて読みました。
この本で最も印象的だったのが実際にパワハラを受けた人の生の声が入っていたことです。
「おーこれはきっつー」という体験がありました。
“職場におけるいじめ”は、企業をめぐる環境の変化と、そこに生まれている会社組織のモラールダウンが背景にあるのです。
このような背景を取り除かない限り職場のいじめの根絶は難しいといえるでしょう。(引用)

ビジネススクール時代に「ストレスマネジメント」という授業を受けました。
この授業では極度のストレスを抱える人物の対策や企業としてどのようなケア(対策)ができるかを考えました。
「職場」という逃れようもない生活の手段の場所でパワハラが起きているだけに悲惨さが深刻することが多いみたいです。

快適な職場環境は大切です。働きやすい、風通しの良い企業作りをしていきたいです。とても読みやすいので通勤中の電車で少しずつ読める1冊です。

bookwoom

...続きを読む

上司殿!それは、パワハラです(岡田康子 著)

パワハラの第一人者が解説する管理者こそ読むべき指導書です。
上司殿!それは、パワハラです は、パワーハラスメントという言葉を生んだパワハラの第一人者、「パワハラほっとライン」、の主催でもあるクオレ・シー・キューブの岡田康子 さんが「正当な指導」と「パワハラ」の間で悩む管理者層に、その違いについて説明する指導書です。

「厳しさは愛情の裏返し」はもう通用しません。

かつて、日本の職場では、部下に厳しく当たるのは、愛情の裏返しということが精神論として当たり前の時代でした。
しかし、職場環境の変化や価値観の変化にともない、以前では当たり前だったことも通用しなくなってしまいました。
岡田康子さんは本書「上司殿!それは、パワハラです」で、こういったかっての古い価値観、職場観を今でも振るってしまう上司や管理職に対し、正当な指導と、パワハラの境界線を事例を元に説明しています。

パワハラ上司になってしまわないために

上司や管理職の中には、自分は正当な指導をしているつもりでも、部下からはパワハラと思われているかも…
自分の振る舞いはパワハラには当てはまらないだろうか…?
と不安に考えている人も多いと思います。
本書「上司殿!それは、パワハラです」では、自己チェックシートや具体例を元に、上司の悩みを解決してくれる一冊です。
パワハラ上司になってしまわないため、部下との円滑なコミュニケーションをとるためにとても役立つ本だと思います。
今やパワーハラスメントは社会問題です。
年功序列も終身雇用もなくなり。上司がかつての威厳を持って部下や後輩を引っ張ることが難しくなった今日、
部下や後輩にパワハラをしてしまわないためにも、いずれ上司となる人もサラリーマンになったら持つべき一冊だと思います。

購入者の声(amazon.co.jpのレビューです。)

40歳以上の管理職必読!!
日々の仕事の中で、部下に対しての言動が、『パワハラ』だったかもしれないと、考えさせられました。
あなたの部下との接し方、自分自身の仕事の仕方を再チェックでき、これからどういう働き方をしていったら良いかのヒントも満載。
40歳以上の管理職の方是非お読みください。

スーパーくん

これは分かりやすい
パワハラ、モラルハラスメントは最近とてもよく耳にする言葉です。

被害者にとっては、毎日がとてもつらく、それは本人だけではなくその家族にもストレスに感じてしまいます。

加害者は、意図的にする人、意図的な意思はない人、様々な人がいると思います。

言葉の暴力、パワハラによって人を死にまで追い込む危険性があります。

被害者が、いつしか加害者になる危険性もあります。

そういうパワハラを本書「上司殿!それは、パワハラです」では、症例を交えながら詳しく説明しています。
時代背景から、被害者・加害者のパターン、職場状況、法律、自己チェックなど整理立てて書かれているので理解しやすくなっています。

大切な人を守るためにこの本に出会ってよかったと思います。

マキヨシ (秋田県)

...続きを読む

許すな!パワーハラスメント(岡田康子 著)

パワハラや上司との人間関係に悩む人、上司本人にも読んで欲しい本です。
許すな!パワーハラスメントは、「パワハラほっとライン」、の主催でもあるクオレ・シー・キューブの岡田康子 さんが職場に広がるパワハラパワーハラスメント)に悩む人、またパワハラをおこなう上司・管理職に向けた本です。

パワハラを受けた人、パワハラを受けないためにも

パワハラ(パワーハラスメント)は職場の人間関係の悩みの中で最も辛いものです。
パワハラを受けないためにも、またパワハラを受けた時に我々サラリーマン・OLはどうしたらよいのか?
パワーハラスメントについて正しい知識を見に付けておくためにも、一度読んでおくべき本だと思います。

パワハラをおこわないためにも上司や管理職こそ読むべき一冊。

パワハラは、職場・上司との人間関係の中でも、被害者にとっては精神的・肉体的にも最もツライ問題です。
パワーハラスメントは今や社会問題です。
今の世の中は以前のような年功序列も終身雇用もありません。かつての職場のように上司が先輩風を吹かせて「俺についてこい!」「俺も昔は上司にキツク当たられたんだ!」では通用しない世の中です。
岡田康子さんの許すな!パワーハラスメントは、知らず知らずのうちに部下や後輩にパワハラをしてしまわないためにも、上司や管理職こそ読むべき一冊だと思います。

購入者の声(amazon.co.jpのレビューです。)

まずは管理職全員に配布を
医療機関3つから「それは虐待です」といわれました。

入場先の職場では、当時の主任を呪い、就業不能のため障害者認定を受けバイクや身の回りのものを処分したりもしたのですが、結局貧困におびえながら破滅した先輩社員もいます。後輩もやめていきました。職場的におかしいです。

基本的な法律やメンタルヘルスの知識が日本有数のITベンダーの子会社の上場企業でも、産業カウンセラーいてもEPAを用意されても上司がまったく無知無能なところでは役に立ちません。
もしこれを読んでくださっている貴方が管理職ならば、この本の内容の少しでもいいですから頭にとどめてください。ハラスメントを受けたかどうかは上司が決定することではありません。知らなかったではすまされません。
補足ですが、六章「それはパワハラではありません」を読んで確認してから、四章「もし、あなたがパワハラにあったら」を現在被害にあっていると思われる人は読むのがいいかもしれません。

法的なことなどは判例が書いてある金子さんの本をすすめます。

むねまさくん

...続きを読む

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ