サイト内検索

人の輪に入れない

周囲で楽しそうに会話をしている同僚達。
しかし、引っ込み思案で、自分は彼らの輪に入っていけない。
人間関係の悩みの中で、そんな悩みを持つ人は案外多いのではないでしょうか?
周囲の人の輪を羨ましく感じてしまい、自分がそこに入っていけないことで、
自分がとても孤独な気分になります。
引っ込み思案な性格や、控えめな性格など、性格というのは人それぞれです。
無理に性格そのものを直す必要はないと思いますが、
人の輪に入れず悩んでいるのならば、自分の性格を理解したうえで、
時には勇気を出すことも必要です。

あなたが気にしているほど周囲は気にしていない
なかなか会話に入れずに長い時間を過ごしていると、
「いまさら話しかけても嫌がられそう…」
「嫌われてるんじゃないかな…」
とネガティブな考えに凝り固まり、余計に話しかけられなくなってしまいます。

しかし、あなたが悩むほど、周囲は気にしていないことのほうが多いのです。
自分の心は自分が一番良く分かるため、あなたは人に話しかけられない自分を気に病んでいても、
相手はあなたがそんな悩みを抱えているなんて想像だにしていないでしょう。
だから、案外話しかけて見れば普通に話ができたります。

今よりは悪くならない
考え方を少し変えてみてはいかがでしょうか?
人の輪や会話に入れず、悩んでいる状態が今とします。
勇気を出して話しかけた時、結果はおそらく2通りです。

①話しかけたら、結構会話が弾んだ
②話しかけたけど、あまり会話が弾まなかった

①の結果はグッドケースです。
その後は同僚達とコミュニケーションを重ね、良い人間関係を築いていければ職場環境はとても楽しいものになるでしょう。
②はバッドケースですが、考えてみてください。それは「今」とあまり変わらない状態ですよね?
つまり悪い結果でも今より悪くなることはないのです。
話しかけることで、批判を浴びて傷つけられるということは(職場いじめにあっている場合は別ですが)ほとんどありません。
それに、大抵の場合は話しかけた相手を邪険にはしないものです。
どうでしょう、リスクがないなら悩んでいるより、話しかけてみたほうが良いのではないでしょうか?

一度話しかけることができれば、その後は相手に話しかけやすくなります。
良い人間関係を築くためにも、勇気を出して話しかけてみましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ