サイト内検索

意見が合わず、言い争ってしまった

仕事では、打ち合わせやブレストで上司や同僚と意見を交わすことが多くあります。
しかし、時には互いの主義主張が合わずぶつかってしまう事があります。
自分が正しいと思えば、相手と議論を交わすのはサラリーマンの勤めです。
しかし、議論が元で職場の人間関係がギクシャクするケースも少なくありません。

議論がヒートアップすることは必ずあるものです。
それがサラリーマン・OLの仕事のひとつでもあります。
でも、議論の後には勝手も負けてもアフターケアが必要になります。
議論に勝ったら相手への敬意を伝える
議論に負けて嫌な思いをしないサラリーマンはいません。
勝った方はスッキリしているかもしれませんが、
負けた相手は、自分のプライドを傷つけられ、
少なからずあなたへの不満を持っているものです。

相手によっては、その後あなたに対して敵意を持ったり、
陰湿な相手だと、仲間と共謀して陰口や仲間はずれなどを画策する輩もいます。
こういった悪い人間関係を回避するためにも、
議論に勝った際は、相手に対して敬意を伝えるようにしましょう。
「○○課長の企画、すばらしかったです。」
「僕の企画も○○部長と同じコンセプトなのです。」
このように伝えるだけで、相手の怒りは随分と治まります。

ブレストに他の参加者もいた場合はなおさらデリケートです。
相手は皆の前で恥をかかされて、特に強い不満や怒りを感じています。
このような場合は、皆の前で、相手の意見がいかに優れていたのかを
きちんと説明してあげることが大切になります。
議論に負けたら、潔く負けをみとめる
相手との意見のぶつけ合いに負けたとき、
あなたは、おそらく悔しさでいっぱいでしょう。
しかし、相手もあなたと衝突してしまったことで
少し苦い気持ちになっていると思います。
こんな時が人間関係がこじれやすいのです。

あなたから、
「○○さんのプレゼンには感服しました。」
「今回はまいりました。」
と相手を尊重し、
ウソでも良いので自身に恨みがないことを伝えましょう。

自分を肯定してくれる人に追い討ちをかけるような人はごく稀です。
多くの場合は、この一言で、悦になりあなたのことを
「あいつは結構骨のある奴だ」
「見所がある奴だ」
と周囲に話すことでしょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ