サイト内検索

ストレスによる人間関係の注意点

人間関係でのストレスは多くの人が持っています。
悩んだり、考えたり、悲しんだり、それぞれの感情や傷に動かされているでしょう。

しかし、事の内容によっては、自身がいけない場合もあります。
その時は、何がいけないのかというコンセプトだけを意識すると、少しは楽に解決策が見つけられるのではないでしょうか。

「どうして自分だけ・・・」
「なんで、そんな言われ方されなければ・・・」

こういった事を考えても、自身のストレスを増加させてしまうだけになります。
誰でも、相手が悪いと感じた時には、熱くなって言葉が荒くなるものです。

まずは、自身のいけない所を改善して、相手に誠意を見せるようにしましょう。
それでも、相手の態度や扱いが変わらないのであれば、上司に相談したり直接伺うといった、行動をする事で改善されるかもしれません。

ただし、ご自身のストレスケアは忘れずに、シッカリとリラックスさせて上げましょう。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ