サイト内検索

性同一障害がいじめの始まり

性同一障害の人達が増え続けている中、いじめも比例するように増加していると思われます。
幼いころなんて、みんなが性同一障害という言葉すら聞いた事もないのです。

しかし、知らないが故に、いじめが起きてしまうのですね。
そして、人間関係がこじれ出して行きます。
それに、性同一障害を理解できる年頃になっても、いじめをする大人は大勢います。

これは、自身にない羨ましい嘆きが出ているのはないでしょうか・・・。
世間一般にいじめの対象となる人物は、基本的に羨ましいと思われ、行われているようです。

「好きな女の子と話をしていた」
「欲しい物を持っている」
「自分たちには反抗しないが、先生には凄い反抗が出来る」

などなど、所詮は嫉みから入っていると思われているのです。
それくらい、いじめは惨めなものですから、皆さんは止めましょうね。

性同一障害というのは、自身では実の性別と生活出来ない人が多いので、「男みたい」「女みたい」というセリフが、暴言に聞こえてしまうのです。

こういった事で、本人はストレスを抱え込み、体調不良になっていったりするのですね。

この症状というのは、絶対に理解できない人が殆どである為、理解できないならば触れないであげて、もっと違う話題で接していけば良いと思います。

私自身も、まったく身近には存在しませんが、学生時代にはそういったウワサを聞いたことがあります。

気にも留めていませんでしたが、これからの時代には意識する必要こそあるやも知れません。

ランキングに参加しています。
このコラムがお役に立てましたら、どうぞ下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 企業ブログへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

嫌よ嫌よも好きのうち!…なんてとんでも勘違い!こんな上司はきっと…セクハラ型とんでもバカ上司です。

とんでもバカ上司図鑑へ

上司にムカっときたら…職場の人間関係に悩んだら…心で連呼!

バカ上司語録へ